江戸伝統文化推進 燈虹塾
 

 江戸の文化は,天正18年(1590)に徳川家康が江戸に入り,慶長20年(1615)の大坂夏の陣を終え,戦いのない平和の到来という意味の「元和」に年号を改めた時に始まります.江戸を象徴する文化として,歌舞伎,声曲,相撲,茶の湯,香,祭礼,出版,浮世絵,書,狂歌,俳諧などが挙げられます.これらは互いに関係しあっており,その中心に吉原がありました.
 400年に及ぶ江戸吉原の文化を改めて調査し,理解し,保存し,愛で,普及することを目的として,燈虹塾が台東区の支援を得て発足しました.

お

2019.8.24(土) 15:00~

    第6回燈虹塾「夏休み和楽器体験講座」
    講師:望月 太左衛
    於)西徳寺栴檀の間
  • 要予約 参加費1000円(中学生以下無料!)

2019.10.5(土) 15:00~

    第7回燈虹塾
    講師:浮世写真家・鈴木喜千也
    於)西徳寺本堂
  • 予約不要 参加費1000円